神経伝達物質を分泌を整えて、うつ病のない毎日を

ストレスによって

急には発症しない病気。

今や現代病として知られているうつ病。その発症率は年々高くなっており、大人だけではなく小学生でもうつ病と診断され病院に通っている現実がある。 なぜうつ病になってしまうのか。はっきりとした原因は実は分かっていない。しかし日々の様々なストレスによって、脳内でコントロールしている神経伝達物質のバランスが崩れてしまうのがひとつの原因と言われているのも事実として知っておきたい。 環境の様々な変化によって蓄積され続けるストレスを放っておけば、次第に精神的なものから脳内でのバランスの崩れ、そして季節の変化や気温の波によってどんどんうつ病を重く、そして治りにくくしてしまう原因となってしまうのだ。またバランスの良い栄養摂取や睡眠などを怠っているとうつ病に繋がる原因になるとも言われている。

うつ病の原因となりやすい性格は完璧主義者。

まじめで仕事は手を抜かない。育児や家事を完璧にこなさないと気が済まない。もっといい成績をとらないといけないと思う。こういった性格の人物は一見非常に好感がもてる。しかし、この「余裕がない」性格がうつ病を発症させてしまう原因でもあるのだ。特にまじめで勤勉といった国民性の日本人は気を付けていかなければならない。生活の中で完璧に近いものを目指すのは素晴らしいことだ。しかし完璧にできないことを認める、受け入れる能力も同時に持ち合わせていきたい。うつ病は誰もが発症する病気であり他人事ではない。日々の生活の中でどんなに切羽詰まった環境におかれていても、うつ病を防ぐためには上手に息抜きをする。休むといったことに努めていきたいものである。

うつ病にならないために

うつ病は心の病です。 うつ病は真面目で生真面目であり、本当はとても優秀な能力を持っている人ほどかかりやすい病気であるといわれています。 生真面目すぎるゆえにいつも完璧にこなしていないと納得できず、少しでも至らないところがあると全てを否定してしまい自分はダメだと思い込んでしまいます。 この思考がうつ病に陥る最大の原因なのです。 逆に言えば考え方をこのような状態に持っていかなければうつ病は予防できます。 こういった思考つまりはストレスがうつ病の大きな原因になるので、まずはこのストレスを発散できるようにしましょう。 スポーツをするのも良いですし、自分の趣味に没頭するのも良いです。 ため息が増えたと思ったら外に出てみて散歩が寺深呼吸をするのも良いでしょう。 とにかく心身ともにリラックスするのがうつの原因であるストレスを現状させることにつながります。

回復するための取り組み

うつ病に陥る原因は様々ですが、2000年台から職場が原因でのうつ病が増えてきたといわれています。 これは職場のIT化が大きな要因になっているようで、実際にウインドウズ95の導入とうつ病患者数の増加率は比例しているそうです。 そういった中で精神科などとは違った治療法を導入して職場復帰を促進させているような病院もあります。 とある病院では危機介入という方法を取っています。 これは初診から一日後、三日後など定期的に患者さんに電話を書け、現状を説明してもらってそれに応じたアドバイスをするというものです。 病気を治すというよりも病気になる原因を取り除くという逆の視点での治療法です。 この治療により実際に多くの人が職場復帰を果たしているそうです。

CONTETNS

真面目な方は

やりたくないことも、やってしまうなど真面目な方はうつ病になりやすいです。うつ病と理解していても認めたくがない為に、医療機関へ行かない方も多いです。プライドを捨てて素直に病院へ行きましょう。

READ MORE

正常な反応

病院へ通いながらカウンセリングを受け、抗うつ剤などを服用しながらうつ病を治療するようにしましょう。しかし、原因が分からなければ治療をすることが出来ない為、原因からまずは調べましょう。

READ MORE

Recommend Link

PAGES

PICK UP

原因を知ろう

うつ病の原因は様々あります。それは、環境と身体両方からきます。ストレスは環境が原因で、疲労や内蔵疾患が身体的原因と言われています。うつ病の治療費用はおおよそ6千円程はするでしょう。

READ MORE

気分を明るく

生活環境の悪化などが原因でうつ病になってしまう為、自分が暮らしやすい環境をつくることが大事でしょう。更年期障害の方もうつ病になりやすいと言われています。気分が悪い日は太陽に当たりましょう。

READ MORE

自分らしく

薬を服用することは大切ですが、薬を服用するだけでなく、環境を整えることが大切なのではないでしょうか。うつ病は放置をしてはいけません。放置をするとどんどん症状は悪化していってしまいす。

READ MORE